2010年01月30日

<鳥取不審死>強盗殺人容疑で36歳女を再逮捕(毎日新聞)

 鳥取県内で起きた連続不審死で、県警は28日、鳥取市の自営業、円山秀樹さん(当時57歳)を殺害したとして、同市内の元スナックホステス、上田美由紀容疑者(36)=詐欺罪などで起訴=を強盗殺人容疑で再逮捕した。上田容疑者の周辺では7人が変死し、うち円山さんを含む3人から睡眠導入剤の成分が検出されており、県警は他の2人の死亡についても関与を追及する。

 円山さんは昨年10月6日朝、上田容疑者らへの売掛金約100万円以上を集金すると言い残し自宅を出たが、7日に同市内の川で遺体が発見された。これまでの捜査で、上田容疑者の自宅から見つかった睡眠導入剤などの成分が、円山さんの遺体から検出された成分と同じであることが判明している。

【関連ニュース】
<関連記事>鳥取・男性連続不審死:薬10錠を口に押し込む(09年11月13日朝刊)
鳥取不審死:同居の男「女の服はぬれていた」弁護人に話す
鳥取不審死:36歳の女と同居の男を窃盗容疑で逮捕
鳥取・男性連続不審死:疑惑男女、窃盗容疑で5度目逮捕
鳥取不審死:元ホステスの同居男が殺害の経緯供述

デフレ克服、日銀と協調…首相施政方針演説(読売新聞)
普天間、「現行案も依然候補」…岡田外相(読売新聞)
仲間の2少年 窃盗容疑で逮捕 警官に追われ転落死(産経新聞)
太陽光発電、来年度買い取り価格は48円据え置き(産経新聞)
神戸民家火災 猛煙の自宅、父戻る 娘助けようと 母悲鳴「もう無理」(産経新聞)
posted by クガ ヒロユキ at 17:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

<死因究明制度>あり方検討の研究会が初会合 年内にも提言(毎日新聞)

 犯罪死の見落としを防ぐため、警察庁は29日、死因究明制度のあり方を検討する研究会の初会合を開いた。月1回のペースで検討を続ける。夏ごろには方向性を固め、12月か来年1月をメドに提言をまとめる見通し。

 メンバーは明治大学法科大学院の川端博専任教授(刑法)や千葉大学大学院の岩瀬博太郎教授(法医学)ら10人。警察庁の金高雅仁刑事局長と法務省の落合義和刑事課長も参加し、座長は元国家公安委員の佐藤行雄・日本国際問題研究所副会長が務める。

 死因究明を巡っては07年に民主党が、究明窓口の警察一元化や解剖などを担う専門機関設置を柱とする法案を提出(廃案)。研究会は法案も参考に検討を進め、夏ごろまでに一定の方向性が出れば、「11年度予算に施策を盛り込みたい」としている。【長野宏美】

最優秀論文に「防災学習」など=東京書籍教育賞(時事通信)
病院での拘束、賠償認めず=患者側が逆転敗訴−最高裁(時事通信)
アニメ好き「将来は声優に」「控えめな子」 千葉・焼死の姉妹(産経新聞)
社会福祉法人、「加算取得に医療法人と差」―全国老施協・中田会長(医療介護CBニュース)
<窃盗>見張り役は小5、38歳父親を起訴 神戸(毎日新聞)
posted by クガ ヒロユキ at 21:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。