2010年03月02日

改悛の秘蹟

オランダ・北ブラバント州にある伝統的な告解室赦しの秘跡(ゆるしのひせき、ラテン語: sacramentum poeniteniae, 英語: Sacrament of Penance)は、カトリック教会の秘跡の一つ。古い文献では悔悛の秘蹟といった表記も見られるが[1]、これは現在の日本のカトリック教会ではあまり用いられない[2]。「告解」も参照正教会の痛悔機密に相当するが[3]、その理解については一定程度の違いがある[4]。聖公会では聖奠的諸式とされる個人懺悔(懺悔もしくは告解とも)に相当する[5][6]。プロテスタントではサクラメントとは看做されていない。赦しの秘跡に必要な部分は内的後悔(痛悔と遷善の決心)天主(神)の代理者の前に告白すること罪の償を果たすこと天主の全権に因る赦免以上四点であり、これら全体を赦しの秘跡と呼ぶ[7]。脚注^ 主要参考文献は古いもののため、項目名は「悔悛の秘蹟」となっている。^ 「赦しの秘跡」の使用例:第4回 「私の罪は赦されますか?」(カトリック百合ヶ丘教会ホームページ)^ 機密(日本正教会公式サイト)^ 大きな違いとするか小さな違いとするかは評価が分かれるところであるため、曖昧な表現にとどめた。^ 聖公会の祈り(2003年3月、「立教カードメイト」立教大学チャプレン香山洋人)^ 第20章 聖奠的諸式(熊本聖三一教会)^ 『カトリック大辞典』(359頁左、上智大学編纂、冨山房、昭和42年第七刷)主要参考文献『カトリック大辞典』(359頁 - 362頁、上智大学編纂、冨山房、昭和42年第七刷) 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A6%E3%81%97%E3%81%AE%E7%A7%98%E8%B7%A1」より作成カテゴリ: 秘跡隠しカテゴリ: キリスト教スタブ

「最高の笑顔見られた」 伊藤みき、地元・滋賀で大声援(産経新聞)
同じ型の靴底公開=時効まで半年−八王子スーパー3人射殺・警視庁(時事通信)
駅伝大会 走りでブルンジ難民支援 瀬古、有森さんら快走(毎日新聞)
<オバマ大統領>「広島に行きたいと思う」 秋葉市長と面会(毎日新聞)
自公支援の中村氏、民主系候補を破る(読売新聞)
posted by クガ ヒロユキ at 01:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。