2010年03月17日

天皇陛下が東ティモール大統領とご会見(産経新聞)

 天皇陛下は15日、皇居・宮殿で東ティモールのラモス・ホルタ大統領と会見された。

 宮内庁によると、会見は約20分間行われ、陛下は「東ティモールの国づくりは大変だったと思います」と話された。大統領は、日本の支援に対する感謝の言葉を述べたという。

【関連記事】
愛子さま登校できず 学習院、露呈された「学級崩壊」
「卒業生として恥ずかしい」陛下のご学友、橋本明氏
皇太子さま アフリカ直前会見詳報(上)「出会い」は大阪万博
政府、天皇の公的行為で「統一的ルール設けない」 自共は反発
天皇公的行為の政府見解を自、共が批判「政治利用の歯止めあいまい」
20年後、日本はありますか?

「生臭み」の原因は「におい」 ワインと魚介料理の組み合わせでメルシャンが特定(産経新聞)
公明 民主との連携、選挙後に視野…山口代表(毎日新聞)
市立佐倉東中学校 またも窓ガラス割られる(産経新聞)
事業仕分け 第2弾 4月と5月の2回に分けて実施(毎日新聞)
第3極狙う「邦夫新党」、同調の動き不透明(読売新聞)
posted by クガ ヒロユキ at 15:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。